相続相談/相続代理・代行/相続放棄/不動産登記/遺産相続/遺言書作成/遺産分割協議書/相続手続きは、福岡の司法書士・行政書士アワーズ事務所にご相談ください。

相続放棄の申述

  • HOME »
  • 相続放棄の申述

相続放棄をサポートします

syakkin相続の開始によって、相続人は亡くなった方の財産を相続することになります。
ところで、相続人に引き継がれる財産には、積極財産(プラス財産)のほかに消極財産(マイナス財産)があります。
マイナス財産とは、借金や住宅ローンなどです。
プラス財産よりもマイナス財産が多い場合は、結局、相続人が差し引いて残った借金を負担することになってしまいます。
このような場合に、相続人が被相続人の借金を回避するための制度が、相続放棄です。

もちろん、差引でプラスの財産も、相続人の自由な意思の元、放棄することができます。
例えば、家業を長男が継いでいる場合に、家業のための財産が散逸するのを防ぐために、他の相続人が相続放棄して長男に一人に相続させるなどということが考えられます。

相続放棄の理由

相続放棄の理由としては、以下のようなものが考えられます。

①被相続人から、生前に贈与を受けている。

②生活が安定しており、遺産を必要としない。

③遺産が少ない。

④家業や事業の継承のため、遺産を分散させたくない。

⑤プラスの財産よりマイナスの財産が多い(債務超過)ため。

相続の放棄の方法

saibansyo相続の放棄をしようとする人は、その旨を亡くなった方の最後の住所地の家庭裁判所に申述しなければなりません。
具体的には、申述書に戸籍などの必要書類をそえて、家庭裁判所に提出します。

相続放棄サポート

omakase相続放棄の申述は、家庭裁判所にたいして書類を提出する、専門的な手続きです。
そして、司法書士は、裁判所に提出する書類を作成するエキスパートです。
相続放棄は、相続の開始を知ってから3か月という時間的な制約があり、その期限内に手続きをきちんと完了させなければなりません。
当事務所にご依頼いただければ、家庭裁判所への手続きのさいに必要となる、戸籍などの収集や申述書の作成のほか照会書に対する対応まで、相続放棄手続きのすべてを、司法書士が徹底的にサポートします。

相続放棄の流れ

1.相続放棄の相談

hearing相続財産のプラス財産とマイナス財産(借金など)の状況をお聴きして、相続放棄をすべきかどうかを検討します。

 

arrow_d

2.戸籍などの必要書類の収集

syusyu02相続放棄の手続きには、被相続人の住民票の除票や死亡の記載のある戸籍など、申述書に添付する書類が必要となります。
これらの必要書類は、ご依頼いただいた業務に基づいて、司法書士が職権により収集します。

arrow_d

3.申述書の作成と裁判所への提出

saibansyo相続放棄申述書を作成して、ご自宅宛に郵送しますので、署名・押印してご返送ください。
ご返送いただいた申述書を、必要書類を添えて家庭裁判所に提出します。

arrow_d

4.家庭裁判所からの照会

post相続放棄の申立てから1週間ほどすると、家庭裁判所から「照会書」が送られてきます。
この照会書に対する回答を記入して家庭裁判所に返送してください。

arrow_d

5.相続放棄の受理

door照会書に対する回答を送って1週間ほどすると、家庭裁判所が相続放棄の申述を受理したとの通知書を送ってきます。
これで、相続放棄の手続きは完了です。

 

相続放棄サポートの費用

報酬 実費
相談 無料 無料
相続放棄申述書作成 3万円 収入印紙800円・切手代400円ほど
戸籍収集 1,000円/通 戸籍450円/通
除籍・原戸籍750円/通

相続放棄に関するよくあるご質問

Q1 相続放棄は、誰がするのですか?

A1 相続放棄は、各相続人がすることになります。
相続の限定承認が、相続人全員でしなければならないのに対して、相続放棄は、相続人がそれぞれにすることができます。

Q2 未成年者や成年被後見人の場合は、どうすればいいですか?

A2 相続人が未成年者や成年被後見人であるときは、その法定代理人である親権者や成年後見人が代理して相続放棄の申述をすることになります。
未成年者とその法定代理人がいっしょに相続する場合で、未成年者のみが相続放棄をするときや、複数の未成年者の法定代理人が一部の未成年者を代理して相続放棄するときは、申述する未成年者について特別代理人の選任が必要となります。

Q3 相続放棄には、期間の制限がありますか?

A3 相続放棄の申述は、自己のために相続があったことを知ってから3か月以内にしなければなりません。

Q4 相続放棄の期限を延長することはできないのですか?

A4 相続人が、相続の開始を知って相続財産の調査をしたけれども、相続を承認するか放棄するかを判断する資料が得られないときは、家庭裁判所に相続の承認または放棄の期間伸長の申立てができます。

Q5 相続が開始する前に、相続放棄できますか?

A5 相続の開始前に、あらかじめ相続の放棄をすることはできません。

Q6 相続の開始から3か月以上が経過しているのですが、相続放棄できますか?

A6 相続放棄の手続きは、相続人が被相続人が亡くなったことと、そのことによって自分が相続人になったこと事実を知ってから、3か月以内に申述しなければなりません。
ただし、相続財産が全くないと信じ、またそう信じたことに相当な理由があるときなどは、相続財産の全部または一部の存在を認識したときから3か月以内に申述すれば、相続放棄の申述が受理されることもあります。

福岡で相続登記・相続放棄のサポートを依頼するならアワーズ事務所へ

福岡相続登記・相続放棄のサポートを依頼したいという方は、アワーズ事務所へお任せください。アワーズ事務所では、相続登記や相続放棄、遺言書、相続手続きなど相続問題に関するサポートを行っております。

それぞれのニーズに合った相続手続きのサポートをご提供しておりますので、初めての方もご安心ください。また、相続手続きに関するご相談は初回無料となっておりますので、ぜひご相談ください。何か気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

相続手続き代行サポート

相続手続き代行サポート

相続登記不動産名義変更

相続登記不動産名義変更

効力が確かな公正証書遺言の作成

効力が確かな公正証書遺言の作成

家庭裁判所への相続放棄の申述

 家庭裁判所への相続放棄の申述

ページ一覧

ページ一覧

訪問相談対応地域

福岡県福岡市東区、博多区、中央区、南区、城南区、早良区、西区、糸島市、宇美町、大野城市、春日市、粕屋町、古賀市、笹栗町、志免町、新宮町、須恵町、太宰府市、筑紫野市、那珂川町、久山町、福津市、宗像市
※相続手続きに関するご相談は初回無料です

お問い合わせ通話無料電話番号

お問い合わせ通話無料電話番号

メールフォームお問い合わせはこちらクリック

メールフォームお問い合わせはこちらクリック
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.